Moments of life

時計の針はもどせないけど

昔々。
時計の針を戻せたらと思っていた頃がありました。
でも、今は、今の自分が一番好きなので時計の針を戻したいとは思いません。
すべての経験があって、今の私がいます。
それを認めてからは、そう思わなくなったのです。

でも、小さい頃からSFが大好きだった私は、
タイムマシンやタイムトラベルには興味津々です。
では、どのくらい針を戻すのか。
私は迷いなく「江戸時代」へ向かいたいと思っています。
なぜか。それは生きている人たちに元気があった。
その中に自分を置いてみたいというそれだけの理由です。

生徒さんの中に、20代後半の男子がいて、
彼は時折歴史本を持って、レッスンを待っているのですが、
あるとき彼に聞きました。

「どの時代が好き?」
「昭和です」
「しょうーーーわーーー???」

平成生まれの彼にとって、昭和はすでに歴史だったことに驚き、
そして、どうして昭和が好きかという理由が、
私と同じ「昭和が一番、人が元気だったと思うんです」

今、時代は平成という元号に終わりを告げようとしていて、
この平成という時代は、私にはとても平成とは言えない、
色々なことがあった時代でした。

客観的に見てみると、昭和から平成にかけて、
人は大事なものを失くしてしまったかなと思っています。
それは何か。というと、ひと言で言えば「芯」かな。
人を織り成す「芯」一人一人の軸となるものであり、
それが「自分」として生きるための大切なものだね。

流行や大勢の意見に流されることなく
置いてきぼりになるんじゃないかという不安を持たずに
「これが私の意見です」と正々堂々と言える「軸」
私は今、これをみんなに持って欲しいと思っています。

誰かのせいにすることなく
自分で自分の始末をつけられる人であることが
これからの時代にとっても必要なものだと思うからね。

時代に勢いがあったころの人たちに共通しているのは、
これじゃないかと思うんだ。
夢を形にできるもの、自分を信じる力、
自分力があればこそ。
そしてそれは、時計の針をもどさなくとも、
今から出来る事でもあるね。

それじゃまた、
あした、この場所で。